なぜ、従来の不登校の解決方法がうまくいかないのか?

従来の不登校の解決として、こんな方法を聞いたことがありますか?

・ゲームやスマホ、電子機器を制限させる

・生活習慣を整えさせる

・子供に何か役割を与えてがんばらせる

・学校は行かなきゃいけないものだと話し続ける

私が調べた限りでは、この方法によって、「うまくいかなかった。」「子供がもっと荒れた。」「さらに深刻なゲーム依存や引きこもりになった。」という悲痛なご相談をよく受けます。

では一体、どうすれば、不登校は解決するのか?なぜ、こういった方法がうまくいかないのか?

あなたはうまくいかない原因がわかりますか?

実はうまくいかない原因は、一般的によく言われている子供の育て方にあります。

あなたは本屋さんにある育児書を読んだことがありますか?

実は育児書のタイトルって、実はほぼ1つだけです。この育児書のタイトルは何だと思いますか?

実は、育児書のタイトルは子供の褒め方、叱り方だけなのです。ほぼすべてがこのタイトルになっています。

つまり、育児書はどうやって褒めるか?どうやって叱るか?この内容だけになっています。

この育て方では、うまくいきません。

 

なぜ、うまくいかないのか?

それは子供の気持ちに共感し、寄り添うという視点がすっぽり抜けているからです。

 

・勉強するか、しないか

・学校へ行くか、行かないか

・家でゲームをしているか、していないか

・正しい行動をしているか、していないか

その視点だけになっています。子供の行動だけに目がいって、子供の情緒をまるでみていないんですね。

従来の不登校の解決方法がうまく行っていない理由もここにあります。

子供の気持ちをよく察して、その気持ちを受け止め、共感するという視点が、従来の不登校の解決方法にはすっぽり抜けています。

つまり、親御様の共感の欠如により、子供は自分の内面に自信を失ってしまい、不登校になってしまっているのです。

 

では、正しい不登校解決方法とは何か?

解決方法は、見守るでもなく、行かせようとするでもありません。

正しい不登校解決方法は、愛着と共感という新しい価値観を親御様が身につけて、子供の気持ちにをよく察して、その気持ちを受け止め、共感していくことです。

愛着とは、子供が安心できる存在に親御様がなることです。

親御様が子供と正しい愛着関係をつくり、子供が親御様との間で安心感を感じない限り、子供は安心して外の世界と交わることができません。

子供に安心感を与えるためには、親御様は子供が何をしているかではなく、行動の裏にある気持ちをよく感じて共感する必要があります。

これが不登校を100%解決するために最重要ポイントであると言えます。

 

そしてもう1つ重要なことは、親御様ご自身が愛着と共感をベースとした新しい価値観を身につけることです。

・人に迷惑をかけてはいけない

・社会は厳しい

・間違ったことはしてはいけない

・子供を正しい方法に導かねばならない

こんなふうに親御様には今までの数十年の間に培ってきた、さまざまな間違った価値観をもっています。

この間違った価値観を徹底的に捨てて、親御様と接していて、子供が安らぎや安心感を感じられるような価値観をもっていただくことがとても大事です。

 

そして私が提唱する方法であれば、親御様も子供もストレスを感じることなく、無理なく不登校を解決できます。

子供は自分の情緒、気持ちを親御様にわかってもらえることで、自分の内面に自信をもつことができます。

そして親御様が子供にとって、安心できる存在になれば、その価値観を子供は他人に反映させて、「外の世界も安心して関わっていいんだ。」と子供の中の認識が自動的に変わっていきます。

これは愛着理論という心理学の理論を不登校に応用し、私が独自に開発してきた不登校の解決方法です。

こういった点が他の不登校解決方法とは全く異なっています。

 

しかし、ここで注意すべき点があります。

私が提唱しているホンモノ共感について、ほとんどの親御様は「自分が共感できている。共感的な対応をしている。」と思い込んでおられます。

その思い込みの中に、実は言ってはいけない言葉がけ、やってはいけない接し方が含まれていることがとても多いです。

だからこそ実際の私が長期で開催している魔法ことばベーシック講座の中では、親子の会話の録音添削をやっています。

この中でそれぞれのご家庭での親子の会話での言葉がけや接し方を1言1句洗い出しをして、個別に具体的にどのように言葉がけや接し方を変えていけばいいのかを個別に指導しています。

言葉がけと接し方を徹底的に変えて、愛着と共感をベースとした価値観とホンモノ共感を身につけることで、不登校を100%解決することが私の魔法ことばベーシック講座の大きな特徴になっています。

 

特に愛着と共感は頭でわかっているだけでは、実際の親子の会話では使いものになりません。

何も考えずにすぐに共感の言葉がけが口からでて、自然と愛着的な対応ができるようになることが不登校の解決には必要です。

それができるように個別に具体的な指導を参加者1人1人に対してさせていただくのが、10月のセミナーの後半の説明会でご案内する魔法ことばベーシック講座です。

もし今、あなたのお子さんが不登校だとしたら、愛着と共感に何か大きな問題があると考えていただいて結構です。

この点を解決することができれば、あなたのお子さんも必ず自発的な再登校ができるようになります。

 

この愛着と共感について、さらに具体的に知って、不登校を解決したいと思うならば、10月に開催する魔法の言葉がけセミナー&説明会にぜひご参加ください。

今回の魔法の言葉がけセミナーは、全国どこでも、自宅にいながら受講することが可能なオンライン会議室ZOOM(ズーム)によって開催します。

10/1(土)・2(日)の両日ともに満員御礼で、各回、先着20名限定となりますので、今すぐ以下のURLからセミナーにお申し込みください。
↓↓↓
https://jisinkodomo.com/

<開催日程>

自宅から受講できるウェブ会議 ズーム(ZOOM)で開催

・10/1(土) 13:00-17:30  満員御礼

・10/2(日) 13:00-17:30  満員御礼

・10/8(土) 13:00-17:30  残席10

・10/9(日) 13:00-17:30

 

魔法ことばベーシック講座に参加した親御様からの嬉しい感想

実際、私が長期で開催している魔法ことばベーシック講座に参加している親御様から、こんな嬉しい感想をいただきました。

男子中学生Oさん

「個別で明確なアドバイスをいただけたので、実際に子供の反応が変わってきたという手応えがありました。具体的には以前はとても行き渋っていった高校見学に自ら進んで行ったり、パンフレットを取り寄せて、高校の比較検討するようになりました。魔法ことばベーシック講座を受けて本当に良かったです。」

女子小学生Wさん

「講座参加前は、少しでも時間が遅れると、その日1日、全部休んでいました。今は『途中からでも大丈夫。』と子供が言うようになり、行けるようになりつつあります。」

女子中学生Tさん

「夏休みに入る前あたりから、少しずつ学校に行けるようになり、部活もなぜかすごく頑張るようになりました。」

男子高校生Sさん

「講座参加前は学校に対して、子供は『もう絶対いけない。』と言って絶望的でした。しかし最近は、部活のために放課後、学校に行くことができるようになってきました。」

男子高校生Hさん

「高校生の息子が週1回、学校へ通えるようになりました。家での笑顔も増え、親子で笑いあう時間が、とても大切なものだと感じています。

親の私は、以前は不安と怒りが多かったのですが、今では本当にそのスイッチを切ることができ、かなり子供に共感ができるようになってきました。

毎日、子供がハグしてくれ、食事もがっつりと、ちゃんと食べるようになりました。」

男子小学生Nさん

「講座参加前は、『学校も勉強も一生しない。このまま一生引きこもりで生きていく。』と宣言していた子供が、『お母さん、学校はまだ行けないけど、俺勉強始めるよ。』と言ってきて驚きました。」

 

これは魔法ことばベーシック講座の参加者の感想の一例です。

私の魔法ことばベーシック講座を受講して、親御様がホンモノ共感をしっかりと身につけていけば、不登校は必ず解決します。

もし、お子さんの長年の不登校や引きこもりの解決のためにプロの手を借りたい!しっかりとした正しい指導を受けたい!

魔法ことばベーシック講座の参加者のように、子供が再登校して、安心した毎日を過ごしたい!

こんなふうに願われるのであれば、現在募集している魔法の言葉がけセミナーにご参加ください。

 

子供の何かを変えたり、行動を制限することも、全くなく、親御様が言葉がけを変えることで、子供の自発的な再登校を実現する方法、ホンモノ共感について、実例とともにセミナーで詳しくお伝えします。

セミナーの後半では、あなたと同じ悩みを持つ仲間とともに、しっかりとしたサポートを受けたいという方のために、6ヶ月かけて長期で開催する魔法ことばベーシック講座の説明会も合わせて行います。

今回の魔法の言葉がけセミナーは、全国どこでも、自宅にいながら受講することが可能なオンライン会議室ZOOM(ズーム)によって開催します。

セミナーは各回20名限定で、10/1(土)・2(日) は満員御礼のため締め切りました。

もし、あなたが子供の不登校を解決したいと少しでも思うなら、今すぐ以下からお申し込みの上、セミナーにご参加ください。

↓↓↓
https://jisinkodomo.com/

<開催日程>

自宅から受講できるウェブ会議 ズーム(ZOOM)で開催

・10/1(土) 13:00-17:30  満員御礼

・10/2(日) 13:00-17:30  満員御礼

・10/8(土) 13:00-17:30  残席10

・10/9(日) 13:00-17:30

 

ホンモノ共感クイズ「入学願い」

前回のクイズに2名様からご回答いただきました。ありがとうございます。

ジュンさんとみみさんのご回答はとても良い視点だと思います。特にみみさんの言葉がけはいいですね。私も真似したいほどです。

信頼して任せるという視点はとても重要です。お子さんは決して忘れていないはずです。

ただ何か気がかりなことがあるか、少し気が乗らない点があるのかもしれませんので、その点を聞いてみてもいいですね。

お子さんは決してやる気がないわけではなく、何か不安な点や安心できない点があるはずなんです。そこを深く理解できればホンモノ共感になります。

 

ホンモノ共感クイズ 「進路の悩み」

あなたのお子さんは高校生で将来の進路のことはある程度、頭にありますが、なかなか決められません。「何が不安なのか?」と聞いてみると、こんなふうに言い出しました。

「自分の希望する進路について調べてみると、ブラックだったり、めっちゃくちゃ大変なところが多そう。本当にこの進路でいいのか迷う。声優になりたいという気持ちもあるし、選択できない。」

 

こういった場合、お子さんにどのようにホンモノ共感してあげればいいでしょうか?あなたが考えるホンモノ共感の言葉がけを9/12(月)16:00までにブログにコメントください。

私が考えるホンモノ共感の言葉がけを9/14(水)のブログでお伝えしますので、ぜひ、この機会を活用して、不登校の改善に役立ててくださいね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。